トップページ生活について> メンズ向けTシャツおすすめ

厚手のメンズ向けTシャツがほしい?無印良品のおすすめ2つ!

メンズtシャツのオススメ

 

トップスとして着るものは色々とありますが、Tシャツほど気軽に着ることのできるものはないといえるのではないでしょうか?

 

価格もそれほどかからないし、洗濯してもアイロンをかけることなどほとんどありません。

 

インナーにもパジャマ代わりにも利用でき、着た時の楽さにかけては一番でしょう。

 

「確かにTシャツは着たいけれども、梅雨時や初秋に着るとどうしても肌寒さを感じてしまうし、カジュアルすぎる気がする」と感じる人もいるかもしれません。

 

そこでこの記事では、肌寒い時期にも十分着ることができて、インナーらしさやカジュアルさの少ない、おしゃれな厚手のメンズ向けTシャツを2点紹介します。

 

いずれも無印良品の商品です。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

厚手Tシャツのメリット

「Tシャツといえば夏の服というイメージだけど、わざわざ厚手Tシャツを着る必要があるのかな」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、厚手Tシャツには下記のようなメリットがあります。

 

・インナーっぽく見えない
・肌寒さがない
・おしゃれに見える

 

以下で順番に説明していきます。

 

インナーっぽく見えない

まず、厚手のTシャツを着ていると「インナーを着ている感がない」という点を指摘できるでしょう。

 

逆になぜ薄手のTシャツだとインナー、下着で外出している感がするのかというと、それは春や秋にはまさにそうした薄手Tシャツをインナーに着ているからです。

 

そのイメージがあるので、真夏に薄手のTシャツ1枚で出かけると、ライブやイベント用のものではない限り、どうも「下着一枚で人前に出ている」という気恥ずかしさのようなものを感じてしまいます。

 

厚手Tシャツであれば、そうした下着のように見えるようなことはありません。

 

普通のトップスを着ている感覚で、しかも下にインナーを重ねなくても外出できます。

 

肌寒さがない

次に、「厚手Tシャツを着ていれば肌寒さを感じない」という点も挙げられます。これは特に、梅雨時や初秋にはうれしいメリットといえるでしょう。

 

Tシャツは気軽に着ることができるので、できるだけ長期間Tシャツ1枚で過ごしたいもの。

 

しかし気候の変化により、薄手のTシャツだとどうしても肌寒さを感じてしまうこともあります。

 

だからといってベストやカーディガンを上から羽織るのでは、何のためにTシャツを着ているのかわからなくなることも。

 

厚手Tシャツの場合には、そうした肌寒さをかなり軽減することができます。もちろん真冬の場合にはやはり寒すぎて使えませんし、真夏はどうしても薄手Tシャツよりも暑さを感じます。

 

ですから、梅雨時や初秋といった時期には厚手Tシャツが活躍することになるでしょう。オーバーサイズ気味のものを選べば、下に薄手Tシャツを重ねることもできます。

 

おしゃれに見える

最後に、「厚手Tシャツはおしゃれに見える」という大事な点も挙げておきたいと思います。

 

薄手のTシャツの場合には、生地が薄いためどうしてもシワになりやすく、長く着ているとヨレヨレになってしまうことも。特に首回りなどが伸びてしまいがちです。

 

厚手Tシャツの場合には、シワになることも少なく、二重編みの場合などはかなりしっかりとした造りになっています。

 

また厚手の場合、表面もかなり光沢があり、着心地もよくおしゃれな感じを出すことができます。

 

わりとフォーマルな場所に行ったとしても、浮いてしまうことはないでしょう。

オススメの無印良品「厚手Tシャツ」

以下では、私が実際に購入して気に入っている、無印良品の厚手Tシャツを2点紹介していきます。

インド綿混 二重編み ビッグTシャツ

 

製品の紹介

まずは、「インド綿混 二重編み ビッグTシャツ」です。こちらは、無印良品の通常のインハウスの商品です。

 

「二重に編んだ編地を使用」しており、ゆったり着られることを売りにしたTシャツです。綿はオーガニックコットンが使用されています。

 

着てみた時の感想

まず、何と言っても着心地が最高です。二重編みということもあり、なにかガッシリした感触すら感じさせます。

 

ただし、長く着ていると「これは真夏に着るのはつらいかも」と思わせるようなポカポカしたイメージも。

 

カンカン照りの真夏には適さないかもしれません。

 

着るのにおすすめのシーン

この商品はやはり、肌寒さのある梅雨時や初秋に適しています。

 

かなりオーバーサイズ気味になっているので、袖口から風が入り、ジメジメした感触にはならないでしょう。

 

超長綿 天竺編み クルーネックTシャツ

超長綿 天竺編み クルーネックtシャツ

 

製品の紹介

次に「超長綿 天竺編み クルーネックTシャツ」を紹介します。

 

こちらは、無印良品のMUJI.Laboという少し値段の高いブランドで展開されています。ただし今のところは、先ほどの「インド綿混 二重編み ビッグTシャツ」と同価格です。

 

丈夫で繊細な超長綿が使われていて、ゆとりのあるシルエットに仕上げられています。こちらはボーダー柄もあります。

 

着てみた時の感想

こちらも素晴らしい着心地です。ただし「インド綿混 二重編み ビッグTシャツ」のガッシリ感はなく、割とスムーズな印象です。さらにポカポカ感もありません。

 

着るのにおすすめのシーン

こちらは、ゆったりと作られていて袖口や下から風が豊富に入ってくるため、それほど暑さは感じません。

 

真夏にフォーマル気味の場所にも、これ1枚で出かけることができるでしょう。

まとめ

厚手Tシャツのメリットとしては、

 

・インナーっぽく見えない
・肌寒さがない
・おしゃれに見える

 

点を挙げることができます。また、おすすめは無印良品の「インド綿混 二重編み ビッグTシャツ」と「超長綿 天竺編み クルーネックTシャツ」です。

 

Tシャツが好きで長い期間着ていたいと思っても、肌寒かったりインナー見えしたりと、着続けるのには抵抗があるもの。しかし、厚手Tシャツであればそうしたデメリットをカバーできます。ぜひ挑戦してみましょう!

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

ワークマンの最強キャンプ用パーカーはコットンキャンパーで決まり!

 

無印良品の撥水広口リュックはバッグインバッグと組み合わせて使うのがベスト!

 

ワークウェアスーツが評判?実際に購入して確かめてみた!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加