トップページ仕事について> ワークウェアスーツの評判

ワークウェアスーツが評判?実際に購入して確かめてみた!

ワークウェアスーツの評判

 

最近、「スーツに見える作業服」というふれこみでワークウェアスーツという言葉を耳にしたことはないでしょうか?

 

スーツと作業着はまるで違うので、不思議に思えます。

 

「スーツに見える作業服」とはいかなるものでしょうか?

 

実は今、この「ワークウェアスーツ」は一部で評判になっています。ただしその評判は少し偏った形になっていますが、実際どのようになっているのでしょうか?

 

この記事では、ワークウェアスーツとは何か、またその評判はどうなっているのかについて解説いたします。

 

また、私は商品をいくつか実際に購入しましたので、そのレポートも紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ワークウェアスーツとは?その評判について

このワークウェアスーツというのは、オアシススタイルウェアという水道工事を親会社にもつ会社が出しているスーツ型作業着のことです。

 

ですから、もともと作業着については得意だった、ということでしょう。

 

そしてこのスーツ型作業着の特徴は、何といっても「洗濯機で洗える」ということです。

 

スラックスだけではなくジャケットも洗えます。通常のスーツではありえませんし、クリーニング代のランニングコストを考えるとそれだけでもコスパがいいです。

 

また作業着というとなにか野暮ったいイメージを持つかもしれませんが、デザインはシンプルでありながらシャープで、かっこいいビジネスウェアにしか見えません。

 

しかもポケットなど作業着としての機能性も十分です。

 

雑誌やネットの無記名記事では評判

それほどまでに優れた商品ですので、やはり巷の話題になってきています。

 

テレビの番組で取り上げられることはもちろんのこと、雑誌やネット上の無記名の記事にも書かれています。

 

ファッションのインフルエンサーが全く取り上げない謎

ただし、奇妙なことにいわゆるファッション界の個人インフルエンサーの人達は、これほどまでに評判になっているワークウェアスーツについて、全く取り上げようとはしません。

 

こうしたインフルエンサーは、決してセレクトショップの商品のみを取り上げるわけではありません。

 

特に最近はユニクロやワークマンのなどファストファッションの商品についても積極的にその良さをyoutubeやブログなどで語っています。

 

でもワークウェアスーツはなぜか紹介しません。同じ作業着出身のワークマンは紹介するにもかかわらずです。

 

何か闇があるのかもしれませんが、消費者としてはそんな事情はお構いなく商品として実際どうなのか、知りたいところです。

 

ということで、私は何点かワークウェアスーツの商品をオンラインで購入し、着てみました。以下でその感想を述べていきます。

スーツを買ってみての感想

まず、ビジネススーツとして定番の「テーラードジャケット」と「フルレングスストレートパンツ」を購入してみました。色はブラックを、サイズはLLを選んでいます。

 

私の通常のサイズはLなのですが、作業着ということもありゆったり目にしました。

 

デザインが良くて着心地もいい

実際に着てみた感想を一言で表すと、「非常にいい」です。着心地がいいのはもちろんのこと、1日着てもシワが目立ちません。数日着続けても大丈夫です。

 

またデザインも格好よく、シンプルなので飽きがきません。

 

取扱いがとても便利

そして先ほども述べた通りウオッシャブルですので、数日着たら洗濯機に入れて洗濯し、干せばアイロンをかけずにすぐに着ることができます。

 

これがスーツなら、何日も着ているとシワだらけになりみすぼらしくなります。

 

かといってクリーニングに出せば数日は着ることができませんし、支出もばかになりません。

 

ワークウェアスーツは普通のスーツよりも使いやすいといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

さらにコートを購入しての評価

スーツに満足したので、次に新しく発売された「洗える3WAYステンカラーコート」も購入しました。これもブラックで、サイズはLを選びました。

 

これまでのコートに対する不満が解消

これまでコートは何度か買いましたが、実は不満を持っていました。

 

まず何といっても高いです。コートはそんなに長い期間着る衣類ではありません。それなのにジャケットと同等、あるいはそれ以上の値段がします。

 

それに家で洗濯もできず、クリーニングに出す必要がありますので、クリーニング代がかかります。

 

さらに着ない期間にはタンスのこやしとして、場所をとります。なんとかならないものかと思っていました。

 

それがこのコートは、比較的安いし、洗濯もできます。そして軽くて薄いので、しまっていても場所を取りません。

 

それなのにライナーをつけると十分暖かいです。実に重宝します。

 

第二のワークマンになる可能性も

ワークウェアスーツの良さを実感しましたので、私は今後も積極的にこちらの商品を購入していくつもりです。おそらくそうした人は今後増えていくでしょう。

 

結果的には、ワークマンと同じようにワークウェアスーツも今後人気になっていくと思われます。

 

これはどんなにインフルエンサーが黙殺しても止められないでしょう。

まとめ

ワークウェアスーツは、最近評判になっているスーツ型作業着です。商品のデザインや使いまわしがいいので、今後さらに伸びていくでしょう。

 

現在のところは評判に偏りがあるので、少し手が伸びにくいかもしれません。しかし実際に着てみればその良さがわかると思います。

 

周りに左右されず、自分の目で見て、着てみてから判断を下しましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

ワークマン綿アノラックパーカーはコスパがいい!お得な入手法も紹介

 

ギグ・エコノミーの意味・メリット・課題

 

作業場としてのサードプレイスとその探し方

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加