トップページ健康について>お金をかけない筋トレ法

お金をかけない筋トレ方法3選!

お金をかけない筋トレ方法

 

筋肉をつけてカッコいい体になりたい人や、ダイエットの為に筋肉をする人など、筋トレをする理由も様々あると思います。

 

筋トレの効果を出すにはやはり効果がでている人に、筋トレのやり方を教わるのが1番です。

 

しかし筋トレの方法も色々あり、中にはお金が必要な筋トレもあります。

 

ジムに通ったり、器具を購入したりすると、必然的にお金がかかります。

 

今回の記事は失敗しても大丈夫なように、お金をかけずに筋トレをする方法を複数紹介します。

 

お金がかからないので、チャレンジしてみて、合わないようなら他の方法にすればいいので、是非、試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

自重による筋トレ

自重による筋トレとは、自分の体重を利用して、筋肉に負荷をかける筋トレです。

 

腕立て伏せや、スクワットなどが代表的な例になります。

 

腕立て伏せの場合、負荷が物足りなくなる場合もあります。

 

負荷が足りないときは、足の高さを高くするだけで負荷がかかるようになります。

 

椅子や、踏み台など、足を置ける物なら何でもいいので、足の高さを上げて腕立て伏せをしてみて下さい。

 

普通にやる腕立て伏せより、負荷がかかった、きつい腕立て伏せになります。

 

逆立ちをして腕立て伏せをするのが、自重での腕立て伏せで1番負荷がかかります。

 

注意が必要なことは、足を置く台がバランスを崩して、転倒しないようにする必要があります。

 

足に筋肉をつけたい場合は、スクワットが効果的です。

 

膝を最後まで曲げてしまうと、膝に負担がかかってしまうので、太ももの角度が地面と平行になるぐらいで止める程度で、十分効果があります。

 

普通のスクワットでは、強度が弱いという方は、片足スクワットをオススメします。

 

スクワットしない方の足を後ろに曲げて、つま先を握ります。

 

つま先を握った反対の手は、バランスを崩さないように、何かに捕まって下さい。

 

立っている片足を、徐々に曲げていき、曲げられる範囲でいいので、できるところまで曲げます。

 

曲げた後は、立ち上がるように膝を伸ばし、これを繰り返します。

 

回数は10回程度が理想ですが、無理のない範囲で構いません。

 

片足のスクワットが終わったら、今度は反対の足もスクワットをします。

 

自重の筋トレの、腕立て伏せや、スクワットでも十分、負荷をかけることができます。

動画を使った筋トレ

ワイファイやパケ放題など、スマートフォンやタブレットを無料で見られる環境なら、動画を使った筋トレができます。

 

昔、ビリーズブートキャンプというDVDがあったことを知っていますか?

 

ビリーズブートキャンプは、DVDを再生すると、登場人物のビリーが運動をしています。

 

ビリーがしている運動を真似するだけで、運動ができるという内容でした。

 

そのビリーズブートキャンプのように、YouTubeには、動画の真似をするだけで筋トレができるものが、いくつかあります。

 

中には上級者レベルの、きついトレーニングもありますが、初心者でもできるようなトレーニングもあります。

 

器具も使わずに、トレーニングをするスペースさえ確保できれば、問題ありません。

 

忙しい人でも大丈夫なように、10分でできるような内容のトレーニングもあります。

 

また、メリットとして、鍛えたい場所を集中してトレーニングする動画もあるので、お腹をへこませたい人は、腹筋を集中してする動画を見たり、足を鍛えたいのなら、足を鍛える動画を見れば、足を鍛えることができます。

 

もちろん、全身を鍛えたい人用に、全身を鍛える動画もあります。

 

スポンサーリンク

公園の鉄棒を使う

もし、近所の公園に鉄棒があるのなら、鉄棒を使った筋トレをすることができます。

 

鉄棒を使った筋トレで、よく行うトレーニングが、懸垂です。

 

懸垂は主に背中の筋トレになりますが、背中だけではなく、腕の筋肉や、腹筋も少なからず使います。

 

懸垂だけではなく、鉄棒の捕まり方によっては、様々な筋肉を鍛えることができます。

 

近所の公園に鉄棒があるのなら、鉄棒を使った筋トレは、お金を使わずに、トレーニングすることができます。

まとめ

お金をかけなくても、筋トレをする方法はあります。

 

もしもボディービルダーのような、ごりごりのマッチョになりたい人は、お金をかけなければ、難しいと思いますが、ダイエット目的や、筋トレ初心者の人などは、お金をかけない筋トレで、十分に効果をだすことができます。

 

いきなり、お金をかけた筋トレで、失敗しないように、まずは、お金をかけずに筋トレすることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

筋トレの効果が出る期間は?

 

ダイエット向け部位別での筋トレ注意点

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加