トップページ映画批評・書評> 映画「九月の恋と出会うまで」の評価・感想

映画「九月の恋と出会うまで」のあらすじと評価・感想

 

初めて訪れた場所なのに、前に訪れたことがあると思ったことはありませんか。

 

こんなことを他の人を話したら、笑われたり、恥ずかしくて他の人に話すことができなかったりしますよね。

 

それは実際に、訪れた場所に自身が前に訪れたことがあるかさえ分からないからです。

 

また後からこうすれば良かったと思ったことはありませんか。

 

こんなことを他の人に話したら、「後悔するくらいなら、その時に行動すれば良かったのでは」と言われますよね。

 

その時、人は気が付くことができれば、後悔などしません。

 

人が本当の気持ちに気が付くことは、きっかけがあります。そのきっかけが楽しいこと、悲しいこと、時には人を傷つけることになるかもしれません。

 

特に人が本当の気持ちに気が付くことが難しいのは恋愛ではないでしょうか。何気なく会話していた人と突然、離れることになるなどではないでしょうか。

 

その時の感情は言葉では表現することができません。しかし、自身の中で変化が起きます。

 

人が本当の気持ちに気が付いた時、どのような行動に出るのかが分かる映画が「九月の恋と出会うまで」です。

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

映画「「九月の恋と出会うまで」のあらすじ

ある日突然、北村志織はある人物の声を耳にする

ある日、北村志織(以下志織)を演じる川口春奈が1年後から話しかけているという人物(以下シラノ)からの声を耳にする。

 

シラノは平野進(以下進)を演じる高橋一生を写真撮影しながら尾行するように志織に頼んできた。志織はシラノに進を尾行する理由を聞いた。

 

しかしシラノは「ある日になったら、教える」と言ったまま、志織にそのことを伝えることはなかった。

 

進と志織の距離感に進展が起きる

あることをきっかけに話をするようになった志織は進にシラノのことを話した。

 

その話を聞いた進は「シラノは志織と自身がいる時空と違う時空にいて、そこから話しかけている」と話した。その時に、進は志織にタイムリープ現象について話し、タイムリープには3つの現象があることを伝えた。

 

進からその話を聞いた志織は、以降タイムリープ現象のことが気になるようになる。

 

そのことがきっかけで進と志織との関係に変化が起き、1年後から話しかけているというシラノの正体が明らかになる。

 

本当の気持ちに気が付き始める2人

進はあることをきっかけで自身の本当の気持ちにも気が付き始める。

 

進は小説家を志していた。しかし、進は自身が執筆した小説を他人に読んで貰うことはしていなかった。そんな進に変化が起き、ある行動に出ることとなる。

 

進が自身の本当の気持ちに気が付き始めるきっかけとなる出来事、進のある行動も見どころの1つとなっている。

 

志織もあることがきっかけで自身の本当の気持ちに気が付くようになる。

 

志織が自身の本当の気持ちに気が付くきっかけも見どころの1つとなっている。

 

映画「九月の恋と出会うまで」公式サイト

 

スポンサーリンク

【感想】私がもう一度観たい映画を聞かれたら【ネタバレなし】

私は映画「九月の恋と出会うまで」を観る前に決めていたことがありました。私が決めていたことは、もし映画がつまらないと思ったら、途中で退席するということです。

 

実際、映画を観て、タイムリープ現象には3つの現象があることを知りました。

 

タイムリープ現象の最悪の現象のシーンを観た時には、一瞬、映画でタイムリープ現象の最悪の結果が起きたのではないかと思いました。

 

映画を観るうちに進と志織の距離感が、タイムリープ現象の話をきっかけに変化し始めたことに気が付きました。

 

ストーリーの途中で、私はシラノの正体の検討が付きました。

 

ストーリーが進むにつれ、シラノの正体が明らかになり、私が検討していたシラノの正体と一致した時には、少し驚きました。

 

進があることをきっかけに自身の本当の気持ちに気が付き、ある行動に出たシーンを観た時、人はきっかけがあれば分かることができると改めて私は思いました。

 

人が目標としていることを達成するきっかけは、言葉も大切です。しかし、言葉だけではなく、その人の感情に訴えることも大切だと感じました。

 

もし、映画「九月の恋と出会うまで」をもう一度観るかと聞かれたら、私はもう一度、観ると答えます。

 

どうして私がそのように思ったのか。

 

それは時空を超え、見知らぬ人同士があるきっかけを機に、2人の距離感に変化が起きたからです。

 

また映画を観て、原作本まで読もうと思うことはあまりありませんが、「九月の恋と出会うまで」は原作本を読んでみたいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

埼玉県人による映画「翔んで埼玉」の評価・感想

 

映画「くちびるに歌を」の評価・感想

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加