トップページ趣味について> しっとりハムカツせんべい(三真)を食べてみました

しっとりハムカツせんべい(三真)を食べてみました

しっとりハムカツせんべい

 

「昭和の洋食」と銘打たれたパッケージ。

 

株式会社三真さんの「しっとりハムカツせんべい」をレビューします。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

商品について

販売しているのは株式会社三真さん。

 

千葉県であられ・おせんべいを製造しているメーカーです。

 

昭和47年に設立し、柿の種が主力商品。

 

しっとりハムカツせんべいは1994年、しっとりシリーズのひとつとして誕生しました。

 

ちなみにしっとりシリーズには、カレーせんべいやソースせんべいもあります。

 

サカナクションの山口一郎さんや、星野源さんが絶賛したことで全国的に知られる人気のお菓子になりました。

どこで買える?

私が購入したのは東京駅構内の地下1階にある、「のもの」でした。

 

東京駅で売っているハムカツせんべい

 

千葉の有名なお菓子として紹介されていましたね。

 

しっとりハムカツせんべいの価格

 

お値段は80グラム税込みで260円。かなりお手頃な価格だと感じました。

 

調べてみたところスーパーやコンビニ、成城石井などでも販売実績があるようです。

 

千葉県では販売されている店舗が多いようですね。

 

35g(108円)の容量が少ないタイプもありました。

 

近くで売っていない方は、アマゾンや楽天から購入しましょう。

 


三真 しっとりハムカツせんべい* 80g×6袋入

 

スポンサーリンク

食べてみた感想を実況!

まずはパッケージを眺めてみます。オレンジベースにレトロなデザイン。

 

お洒落ですね。

 

しっとりハムカツせんべい

 

サクサクのせんべい生地に秘伝のソースをたっぷりからめて「昭和の洋食・ハムカツ」風に仕上げました。

 

との文字。宣伝文も見事です。

 

しっとりハムカツせんべいの宣伝文

 

原材料の「ベーコン風味シーズニング」「ソース風味シーズニング」というのが肝なんでしょうね。

 

しっとりハムカツせんべいの原材料名

 

さて開封。ハムカツの匂いが充満。

 

ハムカツせんべいを開封

 

「しっとり」と書いてあるだけあり、「ぬれせんべい」みたいです。

 

しっとりハムカツせんべいを食べる

 

厚さはこんな感じ。どちらかというと薄いですね。

 

しっとりハムカツせんべいの厚さ

 

食べてみたところ、食感はぬれせんべいです!半生状態になっていると袋にも書いてありました。

 

そして味は確かにハムカツ。何とも不思議ですね〜。

 

ハマる人が多いのも納得です。

 

ハムカツの味を再現しようとする分、塩気が少し強いかなとは思いました。そこはちょっと気になりましたね。

 

ハムカツ味のぬれせんべいといった感じ。機会があればゼヒ一度食べてみてください!

しっとりハムカツせんべいの概要まとめ

商品名 しっとりハムカツせんべい
購入店 のもの(東京駅構内)
価格 税込260円
内容量 80グラム
エネルギー 364カロリー
ひとことコメント ハムカツ版ぬれせんべい!不思議な食感です

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

西武ドームのプロ野球観戦記

 

埼玉県人による映画「翔んで埼玉」の評価・感想

 

映画「くちびるに歌を」の評価・感想

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加