トップページ趣味について>ビジネスホテルで一人飲み

【ビジホ飲み】ビジネスホテルの一人での楽しみ方

ビジネスホテル一人で飲み

 

旅行好きの人でしたら、コロナで思うように外に出られないことに対してストレスを抱えているかもしれません。

 

「こんな状況でも、なんとか差し支えない形で旅に出たいな」とついつい思ってしまうもの。

 

実は、コロナ下でも安全な旅行スタイルがあります。それは、いわゆるビジホ飲みといわれるものです。

 

この記事ではビジホ飲みとは何か、そのメリット、そして私自身の体験談について述べていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「ビジホ飲み」とは

それでは、「ビジホ飲み」とは一体どのような行動を指しているのでしょうか?

 

それは一人で近場のビジネスホテルに泊まり、さらにお酒をコンビニなどで買ってきて部屋に持ち込んで飲むということを指します。

 

ポイントは、会社の出張でホテルに泊まり、やむを得ず部屋で一人お酒を飲む、ではないということです。

 

あくまでも仕事とは関係なく、娯楽としてビジネスホテルに泊まるわけです。

 

また、ホテルに併設されているレストランやバー、ラウンジに行って飲むわけではありません。お酒は事前に自分で調達して、部屋に持ち込んで一人で飲むわけです。

 

もちろん、おつまみも一緒に調達しておいて構いません。

 

さらにいうと、食事もレストランやカフェ、定食屋でとるのではなく、できれば買ってきた食事を部屋で食べるのがのぞましいです。

 

ただし、朝食や夜鳴きそばが名物のホテルもありますので、その場合には外出してもかまいません。

 

昨今はコロナでホテルも稼働が落ちているのか、格安で泊まれるので宿泊が利用しやすいです。

 

また露天風呂付のホテルも増えてきているので、ホテル滞在の楽しみも増えています。

ビジホ飲みのメリット

ただし、ここまでの説明を聞いただけでは「そんなことをして何が面白いんですか?」という感想を持つ人もいるでしょう。

 

そこで、ビジホ飲みのメリットを下記に挙げておきます。

 

・コストがそれほどかからない
・感染リスクが少ない
・YouTubeでの動画配信で人気

 

以下で順番に説明していきます。

 

コストがそれほどかからない

まず、「コストがそれほどかからない」点があります。普通に旅行に行けば、軽く数万円は飛んでしまうもの。海外旅行などは、その何倍もかかります。

 

ところが、ビジホ飲みでは近場ですので交通費はほとんどかかりませんし、通勤路の途中にビジネスホテルがあれば交通費はゼロです。

 

また、ビジネスホテルは格安の上昨今の状況でセールを行っており、宿泊者も少ないので余裕で予約が取れます。

 

さらに、お酒は持ち込み、食事も持ち込みにすれば飲食代も低く抑えることができます。非常にコスパがいいといえるでしょう。

 

感染リスクが少ない

もちろん移動時にはリスクがありますが、それは通勤時と変わりません。

 

さらにホテルについてからはほとんど引きこもっているので、感染する可能性は非常に低いといえるでしょう。

 

では、部屋でお酒を飲む以外に何をするのかというと、持ってきたパソコンで作業をしたり、動画や音楽を楽しんだりすることになります。一種のコワーキングスペースです。

 

もちろんホテルのネット環境は、それなりのホテルであれば問題ありません。

 

YouTubeでの動画配信で人気

実はこのビジホ飲み、YouTubeの動画ではひそかな人気ジャンルになっています。

 

ビジネスホテルを紹介する動画はこれまでにもあったのですが、最近ビジホ飲みの動画が増えてきて、人気を博しています。

 

その第一人者は、なんといってもぴや子さんです。

 

それまで主流のビジネスホテルの紹介動画とは違い、ビジネスホテルで飲み、食べ、さらに仕事の愚痴や恋愛の話などを織り交ぜたこの人の動画は面白く、大人気に。

 

それに続いて、主に社会人女性の人たちが似たような動画をどんどん上げるようになりました。

 

いまではビジホ飲み動画は一大ジャンルとなり、おじさんまで参入してきています。

 

このジャンルはまだまだ伸びそうですので、これからYouTubeを始めたい人、始めたけれどいまいち伸び悩んでいる人にはビジホ飲み動画はおすすめです。

 

スポンサーリンク

体験談を紹介

それにあやかって、私もこの年始にビジホ飲みを体験してきました。ただしYouTubeはやっていません。

 

私は毎年年始に1年間の計画をホテルにこもって立案しているので、それにビジホ飲みを乗せてみました。

 

泊るホテルは、こちらでも紹介されている「アパホテル&リゾート東京ベイ幕張」です。

 

ここはビジホ飲みの人に人気があり、露天風呂がある上にコンビニも併設されている大きなビジネスホテルです。

 

放送大学付属図書館で作業したあと、近くのスーパーで酒と寿司、つまみを買い、ホテルに戻ります。

 

露天風呂で温泉気分を味わったあと、寿司とつまみを食べながら、ビールと日本酒を飲みました。

 

その時の解放感は最高で、パソコンから流れる録音しておいた湘南ビーチFMのノンDJ番組を聴きながら、「あー最高」とすっかりリゾート、旅行気分を満喫できました

 

ということで、私の体験からもビジホ飲みは大変楽しい娯楽であると断言できます。

まとめ:ビジホ飲みはこれからの旅行スタイル・YouTubeネタです

ビジホ飲みとは、一人で近場のビジネスホテルに泊まり、さらにお酒をコンビニなどで買ってきて部屋に持ち込んで飲むことです。

 

そのメリットは、下記の通りです。

 

・コストがそれほどかからない
・感染リスクが少ない
・YouTubeでの動画配信で人気

 

もしも旅行ができないストレスを抱えているのなら、ぜひビジホ飲みにチャレンジしてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

カフェ巡りが趣味の私が楽しみ方を紹介!

 

ラジオを作業用BGMにするメリットって?経験者が解説

 

nosh(ナッシュ)は冷凍宅配弁当では抜群の味と使いやすさ!特徴を紹介

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加