トップページ健康について> 筋トレの効果が出る期間は?

筋トレの効果が出るにはどれくらいの期間が必要か

筋トレで効果が出るまでの期間

 

筋トレをすることは基礎代謝があがり、痩せやすい体になります。

 

しかし筋トレは効果が出るのに個人差があったり、やり方が間違っていたりして、効果がでにくく辞めてしまう人も多いです。

 

そんな人に筋トレをどのくらい続けることで効果が表れるのかを記事にしてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

筋トレの効果がでるまでの期間はどれくらい?

結論から言いますと、筋トレの効果がでるのは約3ヶ月間かかると言われています。

 

しかし間違った筋トレをしたりすれば、3ヶ月間筋トレをしても効果がでないということも起こります。

 

正しい筋トレをしたとしても、3ヶ月間も効果が出るまで待てないという人もいると思います。

 

しかし筋肉は継続していかなければ、すぐに衰えてしまうものです。

 

3ヶ月間筋トレをして効果がでても、辞めてしまえば元の体に戻ってしまいます。

 

3ヶ月間の筋トレは長いように感じますが、一定期間の効果で満足する人はいないと思います。

 

やはりスタイルを維持して生活していきたいと思うものなので、筋トレの効果が表れるのは3ヶ月ほどかかりますが、せっかく効果が表れたのなら筋トレを継続してスタイルをキープしてもらいたいです。

筋肉がつくメカニズムとは?

筋肉がつくメカニズムは、筋肉が筋トレにより傷ついて、傷ついた筋肉が超回復を起こして、筋トレをする前よりも筋肉が大きくなることで筋肉がつきます。

 

筋トレや激しい運動をしたあとに筋肉痛になるのは、筋肉が傷ついているということになります。

 

成長期の子供などは筋トレをしなくても、日常の動き程度でも筋肉がつきます。

 

特に成長期の男の子は筋肉がつきやすいです。

 

成長期を過ぎて年を重ねると、自然と筋肉量は低下していき脂肪のつきやすい体になっていきます。

筋トレをする上での注意点は?

筋トレをする上での注意点は、やはり怪我です。

 

体を鍛えるつもりが反対に痛めてしまっては、元も子もありません。

 

怪我をしてしまうことにより、筋トレを嫌になってしまうこともあります。

 

病院に通わなくてはいけないような怪我になると、お金を使わなくてはいけなくなります。

 

筋トレをする時は、事前に準備運動をしたり、軽いダンベルから始めたりするなどの怪我をしないようにする工夫が必要になります。

 

スポンサーリンク

筋トレを長く続けるためにはどうすればいいのか?

筋トレを長く続けるためには、目標を持つことが大切になります。

 

何s痩せたいとかウエストを何p細くしたいなどの目標があると、長く続けることができます。

 

目標を決めずに筋トレをすると、効果がでるまでに時間がかかってしまうので辞めてしまいやすくなります。

 

目標があると、たとえ効果が出にくくても目標に達成するために続けることができます。

 

目標を決める時の注意点ですが、小さい目標を設定することをおすすめします。

 

大きな目標を決めてしまうと、達成するまでに時間と努力が必要なので諦めてしまいやすくなってしまいます。

 

小さい目標なら達成しやすいので、諦めずに続けやすくなります。

 

小さい目標を達成した時に次の小さい目標を設定すれば、筋トレを続けやすいことと、小さい目標を何個も達成することにより、気がついたら大きな効果を得ていることもあります。

 

せっかく筋トレを始めたのなら効果がでるまでは続けてほしいです。

筋トレはどのくらいの負荷をかけるべきなのか?

筋トレをする理由は人によって違います。

 

痩せるために筋トレをする人、腕や足の筋肉を太くしたい人、筋肉をつけてスポーツに活かしたい人など、筋トレをする理由は様々です。

 

基本的に重たい重量を使って筋トレをすると筋肉は太くなりやすくなります。

 

反対に軽い重量を使って筋トレをすると、痩せる筋トレになります。

 

重い重量の筋トレは、回数を多くすることは無理なので、筋トレの回数は少なくなります。

 

軽い重量で筋トレする場合は負荷がかかりにくいので、回数を多くこなさなければ効果を得ることは難しくなります。

 

筋肉をつけたい人は、10回できる重量での筋トレが筋肉がつきやすいです。

 

痩せたい人は軽い重量で、30~50回程度筋トレができるくらいの重量で行いましょう。

 

スポーツに筋トレを活かしたい人は、そのスポーツが、どこの筋肉を使うのかを調べて、使う筋肉を鍛えましょう。

まとめ

筋トレはすぐに効果がでるものではありません。効果が出なくても諦めずに続けることが大切になります。

 

筋トレはきついですが、メリットも多く続けていて損をすることはありません。

 

是非筋トレを生活の中に取り入れて肥満を予防しましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

ダイエット向け部位別での筋トレ注意点

 

お金をかけない筋トレ法3選

 

ゴルフを趣味にすることのメリット

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加