トップページ生活について> 仮想通貨とは?仕組と買い方

仮想通貨とは?仕組と買い方を解説【今からでも間に合う!】

仮想通貨とは?仕組と買い方を解説

 

一時期盛んに耳にし、テレビのCMやネット上でもさかんに目にしていた仮想通貨

 

その後値段が下がってさっぱりふれられることがなくなりましたが、また値段が上がるにつれて少しずつニュースが出始めました。

 

そうなると少し仮想通貨を買ってみたいという気になるものですが、前回の盛り上がりの時に遅れた場合、「今さら仮想通貨のことを何も知らないで買うのも気恥ずかしい」と感じるかもしれません。

 

ですが、今から仮想通貨のことを知っても遅くはありません!なぜなら、今でもわかっている人は少ないからです。それに前のブームの後で新しく始まった投資スタイルもあります。

 

この記事では、仮想通貨とは、また代表的な仮想通貨ビットコインとは何かについて、そしてビットコインの買い方について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

そもそも仮想通貨とは何か

では、仮想通貨とはそもそも何でしょうか?

 

仮想通貨は2008年10月に、サトシ・ナカモトという名前でビットコインに関する論文がインターネット上で公開されたことから始まりました。

 

以下でその仮想通貨の特徴について見ていきましょう。

 

電子データの上でだけ存在

まず、仮想通貨は紙幣や貨幣といった実物の形では存在せず、ただ電子データ上でのみ存在する、という点があります。

 

したがって、仮想通貨の流通も基本的にはインターネットを通じて行われます。

 

とはいえ電子マネーとは違います。電子マネーの価格は一定ですが、仮想通貨の価格は変動することで両者は区別されます。

 

特定の国家や中央銀行が発行するものではない

次に、一般の通貨とは違い特定の国家や中央銀行が発行するものではないという点が挙げられます。

 

ではどうやっているのかというと、ブロックチェーンという技術を使って参加者全員が価値を保証する、という形になります。

代表的な仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)について

そうした仮想通貨の中で、初めて誕生したのがビットコイン(Bitcoin)です

 

現在流通量も最も多いので、ビットコインを例にとってそのメリットとデメリットについて説明いたします。

 

ビットコインのメリット

ビットコインのメリットとして、下記の3つを挙げることができるでしょう。

 

1.海外送金をスピーディーに行うことができる
2.手数料を低く抑えることができる
3.両替の必要がない

 

以下で、それぞれについて説明いたします。

 

1,海外送金をスピーディーに行うことができる

通常、海外のお金を送る際には銀行振込を利用します。

 

しかしこれまでの銀行振込の場合には、こちらがお金を送ってから相手がお金を受け取るまで、かなりの時間がかかってしまいました。

 

一方、ビットコインを使えば驚くほど速く海外送金を行うことができます。また、これは相手が海外のどこにいようと基本的には変わりません。これは便利だといえるでしょう。

 

2.手数料を低く抑えることができる

また、送金の際の手数料を抑えられることもメリットに挙げられます。

 

銀行で海外送金をする場合には、通常数千円は覚悟しなければなりません。少額を送金する場合、利率的にこの手数料はかなり痛い出費となります。

 

ビットコインを使った送金であれば、その何分の一かに抑えることができます。これはお得だといえるでしょう。

 

3.両替の必要がない

さらに、ビットコインなら世界中どこでも使えるため、両替をする必要がありません

 

通常であれば日本人の場合日本円から現地通貨へ両替をすることになりますが、両替先を見つける手間や両替手数料などの労力や費用が発生します。

 

ビットコインをそのまま海外まで持ち歩けば、円から現地通貨へといった両替の必要はありません。

 

また、ビットコインで決済OKの店であれば、両替など全くせずに買い物をすることができます。これは驚きです。

 

ビットコインのデメリット

ただし、ビットコインにもデメリットはあります。下記の3点となります。

 

1.価格が変動する
2.決済に時間がかかる
3.決済サービスがまだ少ない

 

以下でそれぞれについて見ていきましょう。

 

1.価格が変動する

ビットコインの価格は大きく上がったり下がったりしますので、資産としていくらあるのかという把握が困難です。

 

ただし、上がった場合には利益になりますので、一概には悪いこととはいえません。

 

2.決済に時間がかかる

ビットコインはブロックチェーン技術を使用していますので、決済時には確認や検証が行われます。ここで、多少の時間が必要になります。

 

即時決済できない、という場合もあるので注意が必要です。

 

3.決済サービスがまだ少ない

街に出てみればわかりますが、ビットコインの決済を扱っている店舗はまだまだ少ないです。

 

そのため、せっかくビットコインを持っていても使えない、ということになります。

 

スポンサーリンク

 

ビットコインを買うプロセス

では、ビットコインはどうやって手に入れればいいのでしょうか?ほとんどの人は知りませんので、今知らなくても恥ずかしいことではありません。ここで解説いたします。

 

ビットコインを買うには

最初にすることは、取引所で仮想通貨取引のための口座を開くことです。Coincheckなど、現在では多くの取引所があります。ちょうどオンラインで証券口座を開くように、口座を登録することができます。

 

次に、銀行振込によって口座に現金を入金しましょう。最後に、そのお金でビットコインを購入すれば仮想通貨を持つことができます。

 

おすすめの投資法

ただし、ビットコインの価格は大きく上下しますので、いっぺんに大量に売買してしまうと大損の可能性があります。

 

ここでおすすめするのが、Coincheckで新しく始まった積立です。

 

毎月少しずつ一定額を購入するようにすれば、高い時には少ししか購入しないので損失のリスクを抑えることができます。

まとめ

仮想通貨とは特定の国家や中央銀行が発行するものではない、電子データとしてのみ存在する通貨です。

 

代表的な仮想通貨としては、ビットコインがあります。取引所を通じて購入できますが、積立で投資をするのが安全です。

 

仮想通貨、とりわけビットコインは価格の上下が激しく、前回の下落で多くの人が逃げ出してしまいました。

 

しかし、逆にだからこそ今投資を始めると他の人に先んじて利益を得るチャンスもあります。余裕資金があれば検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

マイナポイントとは?予約・申込みから紐づけまでを徹底解説!

 

マイナポイントをお得に使うには?上乗せキャンペーンについて解説!

 

子供3人の節約術

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加