トップページ趣味について>iosからAndroidに乗り換えてからでもClubhouseを使える裏技

iosからAndroidに乗り換えてからでもClubhouseを使える?裏技を紹介!

iosからAndroidに乗り換えてからでもClubhouseを使える?裏技を紹介!

 

この頃よくその名前を聞くようになったClubhouse。Twitterのタイムライン上など、SNSでも番組開始のメッセージなどを目にする機会が増えました。

 

しかし、そうした傾向を歯ぎしりしながら悔しがっている人、いるのではないでしょうか?

 

それはもともとiPhoneを使っていたけれども、Clubhouseが流行りだす前にAndroidスマホに乗り換えてしまった人達です。

 

「こんなことならiPhoneを使い続けておけば、自分もClubhouseを楽しむことができたのに」と部屋に転がる、simが入っていない古いiPhoneを恨めし気に眺めているかもしれません。

 

実は、そんな人でもClubhouseを使える裏技が存在するのです!

 

この記事では、私が発見して実践したこの裏技について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

そもそもClubhouseとは何か

この裏技のことをお話する前に、まずはそもそもClubhouseとは何かについて、軽くおさらいしておきましょう。

 

おおよそ以下の2つの特徴があります。

 

・Clubhouseとは音声配信SNSの1つである
・招待制でありios向けのみのアプリであるという2つのハードルがある

 

それぞれについて、下記で順番に説明いたします。

 

Clubhouseは音声配信SNS

Clubhouseは端的に言ってしまうと音声配信SNSですが、わかりやすくいうとラジオ配信のアプリです。

 

ラジオなので配信者の顔を見ることはできません。ただしラジオと違うのは、配信を聴くだけではなく自分でもラジオ配信ができるという点です。

 

それだけではなく、配信されている番組を聴いていると自分が途中でその番組に飛び入り参加することもできます。ただしこれは、配信者の許可が必要となります。

 

「いつどんな番組が配信されるのかわからない」と思うかもしれませんが、検索すれば配信番組の一覧を見ることができるでしょう。

 

また配信者をフォローすれば、番組開始通知を受け取ることもできます。

 

招待制とios向けのみという2つのハードル

ただし現在、Clubhouseを利用するには2つの高いハードルを越える必要があります。

 

まず招待制になっているため、自分で勝手に利用開始することはできません。すでに利用している人からの招待を受ける必要があります。

 

さらにClubhouseのアプリは現在ios向けにしかリリースされていないため、Androidユーザーはいくら使いたくても使えないという状況です。

 

そして、これらのハードルは片方だけクリアしていてもだめで、両方を満たす必要があります。

 

つまりsimのないiPhoneやiPadだけを持っていても、招待はSMSを通じて行われるので利用ができないということになります。

 

このことが冒頭に述べた悔しさ、恨めしさにつながります。もともとAndroid一筋であればiosに縁がないため、Clubhouseなど気にしないでしょう。

 

ただし乗り換え組はまだ古いiPhoneをWi-Fi経由して自宅で使っており、持っていながら使えないという蛇の生殺し状態になります。実は私もそうでした。

招待されなくてもClubhouseに登録する方法

まずは知り合いに招待されなくてもClubhouseに登録するための方法をお教えします。

 

Androidを使っている場合には、招待してくれる知り合いなどはなかなか見つからないものです。下記の2つの方法を使って、招待をゲットしましょう。

 

SNSで招待を依頼

まずSNSで招待を依頼する方法があります。twitterなどのSNSを利用していた場合、「Clubhouseに招待して下さい!」と書き込むわけです。

 

こんな都合のいい話などあるはずないと思うかもしれませんが、最近はgiveを積極的にしようという風潮があるため、結構応じてくれる人もいるものです。

 

オークションサイトで招待を購入

ただし、そうした依頼をするのもおっくうという私のような人にはオークションサイトで招待を購入するという最後の手段があります。

 

メルカリやヤフオク!などでClubhouseと検索すると、招待がオークションに出ています。

 

もともと招待枠2人分はClubhouseに登録するだけでもらえて原価はタダですから、安い価格となっています。

 

さらにオークションサイトは頻繁にキャンペーンを行っているので、実際にはもっと安い価格で招待をゲットできます。

androidに乗り換えてからでもClubhouseを使える裏技

いくら招待枠をもらっても、実際に登録できなくては宝の持ち腐れです。

 

私は悔しい思いを抱えながらClubhouseをエンジョイしているインフルエンサーのブログを読んでいましたがiPhoneやiPadでClubhouseを聴くという記述にハッとしました。

 

iPhoneやiPadでClubhouseを聴く?もしかしてSMSが必要なのは登録時のみで、あとはWi-FiだけでOKなのでは?

 

この仮説を実証すべく、私はClubhouseの登録にチャレンジしました。

 

招待を受ける時だけsimをiPhoneに入れる

まず使っているsimをAndroid端末から抜き、iPhoneに差し替えました。

 

こうして一時的にiPhoneを使用できるようにしたら、先ほどの招待枠を利用して、Clubhouseをインストール、設定します。

 

するとClubhouseが使えるようになりました。

 

その後simを再びAndroid端末に差したのですがsimなしのiPhoneでもClubhouseは聴けます!こうして、わたしは長年の悔しさを晴らしました。

 

利用開始後の注意点

ただし、Clubhouseを利用する上で注意する点が一つあります。自分がiPhoneとiPadなど、複数のios端末を持っている場合です。

 

Clubhouseは最初にiPhoneで使い次にiPadで使い……という使い方はできますが同時に複数の端末で利用可能な状態にしておくことはできません

 

したがって、自分が最も使う端末でClubhouseを利用することに決めてしまう必要があります。

まとめ

Clubhouseとは音声配信SNSの一つであり、利用には招待制とios向けのみという2つのハードルを越える必要があります。

 

ただし、どちらにもそれを突破する裏技があります。

 

この裏技を使えばAndroidユーザーでもClubhouseを利用できますが、ios端末を複数持っている場合には注意が必要です。

 

数か月後には、Android向けのアプリも提供されると噂されているClubhouse。

 

待ち遠しいかぎりですが、どうしても待ちきれない場合には、ここで紹介した裏技を使って、先にClubhouseを楽しんでしまいましょう!

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

仕事中にラジオをBGMとして聴くメリットは?

 

作業場としてのサードプレイスとその探し方

 

友達とカラオケに行った時の楽しみ方4選

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加