トップページ趣味について>ダーツの始め方

ダーツの始め方とは?コロナ禍で始めるのに最も適したスポーツ!

ダーツの始め方

 

新型コロナウイルスが猛威をふるい続けており、一年以上自宅に引きこもる生活を続けているのではないでしょうか?

 

ここまで長引くと、さすがになにか新しい活動を始めたくなるもの。しかし、新しいスポーツをしようと思っても感染が怖く、どうしても腰が引けてしまいます。

 

実はコロナ下で始めるには、ダーツこそが最適なスポーツとしておすすめできます!ダーツとは何かとは今更説明が不要な、あの矢で的を狙う競技です。

 

この記事ではダーツがコロナ下で始めるのに適している理由、自宅でダーツを始めるにはどうしたらいいか、自宅以外でダーツを楽しむ方法について述べていきます。

 

お読みいただければ、気軽にダーツを始めることができるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ダーツがコロナ禍で始めるのに適する理由

「ダーツがコロナ禍で始めるのに適している理由」について述べていきます。

 

特に、コロナが流行りだしてからリモートワークとなって自宅にこもりきりの人におすすめです。

 

理由としては、下記を挙げることができます。

 

・一人でもできる
・それほどお金がかからない

 

以下で順番に見ていきましょう。

 

一人でもできる

ダーツは基本的に一人でもできる」スポーツです。一人でプレイしている限り、感染の心配はありません。

 

野球やサッカーなどは、コミュニケーションのためにマスクなしで声を掛け合います。ラグビーなど密の最たるものでしょう。

 

個人競技でも、卓球にせよ柔道・剣道にせよ相手と対面・接触して声を出します。感染の危険は免れないでしょう。

 

ところが、ダーツは基本一人でダーツをボードに向けて投げます。

 

もちろん試合になると対戦相手がいますが、交互にボードの方を向いてダーツを投げます。

 

ほとんど声を出すこともありません。これほど感染の可能性が低いスポーツはないでしょう。

 

それほどお金がかからない

非常に本格的にダーツに取り組まないかぎり、ダーツを始めてもそれほどお金がかからないといえます。

 

プロでもないかぎりユニフォームは不要ですし、道具は投げるダーツのみです。

 

ダーツは安いものが初心者向けに売られていますし、ダーツ教室などでは借りることもできます。

 

自宅でやる場合には的であるダーツボードが必要ですが、素人向けは安いものです。

自宅でダーツを始めるには

リモートワークをしている人は、こうした特徴をもつダーツであれば自宅でやってみたいでしょう。

 

ダーツはプレイ時間が決まっているわけではありませんので仕事をしていて休憩時間になったら少しダーツを投げて気分転換をするということも可能です。

 

ここでは自宅でダーツを始める方法について紹介いたします。

 

・ダーツボードとダーツを購入する
・ダーツボードを設置する

 

実は、私はこの手順を踏んで現在自宅でダーツを行っています。手順を以下で述べていきましょう。

 

ダーツボードとダーツを購入する

まずは道具であるダーツボードとダーツを購入する必要があります。問題はどこで売っているのかということですが、初心者のうちはアマゾンで購入すれば十分でしょう。

 

アマゾンで検索すると色々な商品が出てきますが、初心者向けの低価格なものを選んで購入しましょう。

 


DARTSLIVE-ZERO BOARD ダーツライブ ゼロボード ブラス ダーツ セット 静音 15.5 インチ セット

 

ダーツボードを設置する

商品が届いたら、実際にダーツを投げられるようにダーツボードを設置します。

 

投げる場所(スローライン)から244cm離れ、さらに床から173cmのところにボードの中心が来るようにボードを設置します。

 

周りに色々なものが置いてあると邪魔になりますので、できれば部屋の中でも広いところにスローラインとボードを設置した方がいいです。

慣れてきたら自宅以外でもダーツを楽しもう

こうして道具を揃え、ネットや本でルールや投げ方を勉強したら、いよいよ実際に練習を始めていきます。

 

この時、ボードにダーツが刺さると大きな音がする場合がありますので、あまり深夜には練習しないように注意しましょう。

 

練習を重ねていくと、自宅以外でもダーツを投げて、他人と試合をしたくなるもの。

 

最もメジャーなダーツを楽しむ場所としてはダーツバーがありますが、今はコロナの影響のためダーツバーでダーツをプレイできない場合が多いです。

 

その他にダーツができる場所としてはネットカフェとダーツ教室があります。

 

ネットカフェ

ネットカフェではダーツのできる場所が多くあります。入店して会員登録をし、ダーツをやる旨を申し出ると、ダーツボードのあるところに案内されます。

 

ネットカフェは格安で長時間利用できますので、練習には最適です。または、仲間がいれば一緒に行って試合をしてもいいでしょう。

 

ダーツ教室

「きちんとプロのコーチに指導を受けたい」と思えば、ダーツ教室へ通うという方法もあります。

 

実は、私はとあるダーツ教室に毎週通っています。来ている他の生徒と密接に接触することもなく、コーチもコロナ対策が施されているので感染の可能性は低いといえるでしょう。

まとめ

コロナ下で新しくスポーツを始めるとすれば、一人でもでき、お金もかからないダーツが最適です。またリモートワークのすきま時間に手軽にプレイできるのも魅力です。

 

自宅でダーツを時始めるにはダーツとボードを買い、ボードを設置します。また自宅外ではネットカフェやダーツ教室でダーツを楽しむことができます。

 

コロナで一人自宅に引きこもっていると、気が滅入るもの。そんな時には 気軽にダーツを始めてストレス解消しましょう!

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

「ゴルフを趣味にする5大メリット」を経験者が徹底解説

 

スイッチでマインクラフト!メリットとデメリット、PC版との違い

 

友達とカラオケに行った時の楽しみ方4選

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加