トップページ仕事について> 女性ならではの仕事選びの基準

女性必見!仕事選びの際に重視すべき基準とは?

女性の仕事選びの基準

 

近年は女性も社会で活躍し、仕事を継続する人が増えてきました。

 

これから就活する方も、転職を考えている方も、仕事選びに重視すべき基準は気になるところだと思います。

 

筆者の経験や見聞きしたことをもとに、女性ならではの仕事選びの視点をいくつかご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

女性にとって仕事とは何か

そもそもなぜ人は仕事をするのでしょうか。それは生きるためだと私は思います。

 

細かく言えば、生活や趣味にかかるお金を得るため、社会の中で自分の存在価値を認めてもらうため、などが挙げられるでしょう。

 

いずれにせよ、仕事は人生を豊かにするものです。

 

しかし女性は、仕事と結婚を同時に考えなければ、「生きるため」にしていた仕事が自分の首を絞めることになります。

 

仕事と結婚を両立させたいと思っていても、夫の勤務地について行くことになったり、育児に追われたり、独身の時と同じ状況では仕事ができなくなる可能性が高いからです。

 

結婚したら専業主婦になると決めている方も、突然仕事に戻りたいと思ったり、夫が病気やリストラにあったりするかもしれません。

 

また結婚しないと決めている方も、素敵な方との出会いによって気持ちが変わるかもしれません。

 

つまり女性が仕事を選ぶ際には、今とは生活環境が変わっても続けられるかを考慮して決める必要があるということです。

 

それでは次から、仕事選びの基準として重視するべき点を具体的にお伝えしましょう。

どんな状況でも働けるかどうか

どんな状況になったとしても続けられる仕事かどうかは、女性にとっては大事な基準です。

 

それには、勤務時間や場所の希望が通りやすいことと、どこでも応用可能な仕事内容であることが挙げられます。

 

まず、ワークライフバランスがうまくとれる勤務形態であるかは確認しておきましょう。

 

産休や育休が取りやすい職場、短時間勤務でも認めてくれる職場だと、どんな状況になっても働き続けられるでしょう。

 

また女性は転勤することをためらう傾向にありますが、全国に支社があり、転勤の希望を聞き届けてもらえる会社を選ぶとよいこともあります。

 

都内に住んでいた知人夫婦は、夫が地方の大学院に進学すると決めたとき、妻も自分の働いている会社に願い出て、同じ地方の支社に転勤していました。

 

働き方についての希望を受け入れてくれる会社を選んでおくと、生活環境が変わった時の心配をしなくて済むでしょう。

 

また、どんな企業や場所でも応用できる仕事を選んでおくと、環境の変化にも対応できます。

 

自分の能力を証明できる資格を取得すれば、それをもとに仕事ができます。

 

筆者は教師ですが、他の土地に行っても働き続けている女性の先生方を見ると励みになります。

 

資格がなくても、他の企業でも活かせる能力を身につけられるかどうか、を判断基準にしてみてもよいと思います。

 

どこに住むことになっても働ける資格や実績を持つことができれば、いざとなれば女性一人でも生きていけるという自信にもつながるでしょう。

 

スポンサーリンク

この仕事を続けたいと思えるかどうか

近年は結婚したか否かに関わらず、女性でも働き続ける人が増えていますので、やはり続けたいと思える仕事を選びたいものです。

 

その条件として、職場の環境と、仕事内容の2つが挙げられるでしょう。

 

職場の環境としては、男女比に注目してみるとよいと思います。

 

私は男性の多い職場、女性の多い職場の両方経験があります。

 

男性の多い職場では、女性というだけで気を遣ってもらえる部分もありますが、一部には女性を軽く見る人もおり、そういうときに助けてくれる仲間や相談相手が少ないのが難点です。

 

女性の多い職場では、同じ苦しみを共有できる仲間も作りやすいですが、一方で意味もなく嫉妬されたり、厳しくされたりすることもあります。

 

自分の性格や今までの人間関係と照らし合わせ、男女どちらの割合が多いほうが自分の実力を発揮しやすかったかを基準に決めるとよいでしょう。

 

一緒に働きたいと思える人間関係を築けることが、仕事を継続する意欲につながります。

 

自分の時間を多少犠牲にしても頑張りたいと思える仕事内容か、ということも考えておきたいものです。

 

結婚すれば家事や育児で自分の時間は少なくなります。自由な時間が減る分、充実した時間だと思える仕事を選びたいものです。

 

私は教師ですが、家での準備時間が多いため、自由な時間がほしいと思って事務のバイトをし始めたこともありました。

 

しかし事務の仕事は自分の能力を発揮できていると思えず、1年しか続きませんでした。

 

働くこと自体を楽しみたい人にとっては、多少辛くても自分が楽しめる仕事の方が、最終的には長続きするのではないかと思います。

まとめ

結婚、妊娠、出産、育児、更年期、閉経…女性はライフイベントによって、体調や活動範囲が大きく変動します。

 

今は結婚しない、出産しない、と思っていても、先のことは誰にも分かりません。

 

反対に家庭を持ちたいと思っていても、独身でいる、離婚する、ということもあるかもしれません。

 

いずれにせよ、女性も働き続ける時代になりました。仕事選びの際には、どんな状況になっても継続できるかどうかを判断基準にしてみてください。

 

一方で、勤務条件ばかりにこだわって、自分の気持ちを抑えるのもよくありません。

 

限られた時間の中で、自分がしたい仕事とは何かを追求することも忘れないでください。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

仕事が嫌になった時やるべきこととは?

 

効率よく仕事をするための睡眠方法は?

 

巫女さんになる方法と仕事内容は?

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加