トップページ生活について> 共働き夫婦の家事分担

子育て中の共働き夫婦で家事はどうやって分担するべき?

共働き夫婦の家事分担

 

子育て中共働きの夫婦にとって、家事の分担は大切なことです。

 

どちらか一方に負担がかかってしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

 

どのような分け方をするべきかを、体験談を踏まえて記事にしてみました。

 

家事の分け方をどうするか考えている人は、参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

共働きの夫婦で家事の分け方

家事の主な仕事と言えば、料理、洗濯、掃除、買い物など。

 

他にも細かい仕事は沢山あります。

 

分担するときのポイントは、働く時間が短い方が家事を多めに引き受けることが大切です。

 

女性の社会進出が当たり前となっている今の時代、男が仕事をして女が家事をする時代ではなくなりました。

 

仕事によっては残業が多い仕事もあり、やはり仕事の勤務時間の短い方が家事を多めに取ることが、もめることが少ないと言えます。

 

夫婦で話し合いの時には仕事以外の時間を、どちらがどれくらいあるのかを把握したあとに家事を分担するようにしましょう。

我が家の家事分担のやり方

参考までに我が家の家事の分担のやり方を紹介します。

 

我が家では夫である私が仕事メインで、妻は土日祝日休みで残業のない派遣社員として働いていて家事をメインでしています。

 

自分の仕事は工場勤務で夜勤や残業があり、規則正しいリズムの生活ではありません。

 

ですが残業や夜勤手当がつくので、収入は妻より多めになります。

 

妻は収入が少なめですが、時間は多くとれます。

 

家事のメインは妻がおこなって、自分はアイロンがけなどの夜中でもできるような家事を引き受けています。

 

家事が少ない分、生活費の支払いは、やはり仕事をメインでしている自分の方が多く支払っています。

 

我が家の家事の分担方法は仕事をメインにして、空いた時間で家事をする人と、家事をメインにして空いた時間で仕事をする人に分けています。

 

スポンサーリンク

好きな方で分担するとストレスが減る

家事をすることが好きな人は、家事をすることでストレスを感じる事は少ないです。

 

夫婦で家事を分担する時も料理が好きな方が料理をして、片づけたりすることが好きな人が掃除を担当するとストレスが減ります。

 

我が家を例に挙げると、妻は料理を作ることが好きなので、家族の食事を作ることはストレスを感じる事なくすることができます。

 

私は棚や押し入れやなどに、物を収納して整理することがすきなので、食器や子供のオモチャや、家電製品などの収納が必要な物を片付けたりして、散らかっている物を収納したりする仕事をします。

 

また買い物も好きなので、チラシを見て安売りのタイミングで買い物に行ったりします。

 

全部の家事が好きとは言えませんが、なるべく好きな方の家事をするように分担してます。

完璧主義をやめる

家事と言うのは料理にしても掃除にしても、完璧にやろうとすれば、時間がどんなにあっても足りません。

 

夫婦間で例え相手の家事に満足してなくても、責めることはしない方がいいです。

 

責めてしまうと、やる気をなくしたり、プレッシャーになってしまったりと良いことはありません。

 

掃除が行き届いていないのなら、休日に足りない部分を掃除したり、料理の味が合わない場合は、調味料で味を変えたり、もし苦手なものがあるなら、料理をする前に事前に伝えておくと相手の気分を悪くすることはありません。

 

家事は完璧にすることを目指さずに、夫婦で無理せずにできる量をするようにしましょう。

 

我が家では、相手の性格や仕事の忙しさを考えて家事を割り振りしています。

 

初めのうちは何で掃除をしてくれていないのかと、相手を責めることもありました。

 

しかし責めたところで家事をする時間が増えるわけでもなく、相手の気分を損ねてしまうだけなので、責めることはせずにできることを2人で分けるようにしています。

 

スポンサーリンク

隙間時間を利用する

家事が嫌になるタイミングは、仕事が多く溜まってしまうときです。

 

小まめに家事をすることで、仕事が溜まるのを防ぐことができます。

 

もし家事をする時間がなかなかとれないという方はダラダラテレビを見たり、スマホをいじっている時間を家事の時間に当ててみてください。

 

無駄な時間を有効活用することもできて、パートナーに喜んでもらえます。

 

まとめ

家事を分担するにあたり、仕事の振り分けもたいせつですが、相手の都合を考えてあげる必要もあります。

 

相手の仕事の都合や性格を踏まえて、家事の分担をしましょう。

 

完璧な家事を求め過ぎるのも疲れがたまってしまいます。

 

時にはお弁当を買ったり、便利な家電を買うなど、楽をするなどしてストレスを少なくして家事をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連する人気記事

育児を体験して学んだこと3選

 

学生の時に妊娠して休学 | 出産して復学するまでの体験談

 

子ども3人目は産む?産まない?体験談を紹介

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加